Next Webolution|Next Webolution|PR現代

月刊『花saku』和のマーケティング情報 二十四節気&生活者アンケート

きもの美人が街を往く・2019 春分(2019/3/21)

二十四節気着物花saku 2019.03.21

3月21日は春分(しゅんぶん)です。
昼と夜が同じ長さになるこの時季は、二十四節気の大きな節目です。

 

まもなく4月。
いよいよ新元号が発表されますね。
30年間続いた「平成」は激動の年でした。
「平成」は「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味だそうですが、
国内外で未曽有の天災がおこり、バブル経済崩壊やリーマンショックなど
経済を揺るがす大きな出来事もありました。

 

新元号はどんな文字で、どんな意味を持つのでしょうか? 楽しみですね。
昭和生まれにとっては、新元号はまさに2世代後の元号。
新元号で生まれた方々と接する頃には、昭和生まれの人が幼い頃に
明治生まれの人と接したときのような感覚になるのですね〜。
悲喜こもごもの思いがいたします。

 

読者の皆さまにとって、平成はどんな年でしたか?
平成に入って着物や和のライフスタイルの愉しみを知った方も多いと思います。

 

『花saku』は、新たな幕開けを迎える4月以降も
皆さまの「和のライフスタイル」をさらに豊かにする情報をお届けしてまいります。
そして、4月号からは新連載がスタートいたします。

 

4月以降も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

…◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ ●

4月の季節に合わせた着たい柄

桜、クチナシ、雪の下、月見草、都忘れ、白詰草、蝶、柳、
竹、水紋、流水、鯉のぼり、武者人形、つばめ、牡丹(ぼたん)

◎  …●  …◎  …●  …◎  …●  …◎ ●

Next Webolution|PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら