Next Webolution|Next Webolution|PR現代

月刊『花saku』和のマーケティング情報 二十四節気&生活者アンケート

“和の生活アンケートVOL.30 『花saku』2020.9月号 「友禅」について

着物花saku 2020.11.01
○9月号の回答者の居住地域は、北海道・東北地区が50%、中国・四国・九州地区が25%、関東地区19%、中部地区が6%、関西地区が0%という結果になっています。
○9月号の回答者の年齢は60代が44%、70代以上が30%、50代が20%、30代が3%、20代以下が3%、40代が0%でした。平均年齢64歳で前号より3歳高くなっています。

Q1.友禅の中で一番好きなものと理由を教えてください。

 

※複数回答されていた分も含めています。
○一番回答者が多かったのは「加賀友禅」でした。72%の人が回答しています。

 

以下回答順に記載します。
1位「加賀友禅」 72%
2位「京友禅」 25%
3位「東京友禅」 6%
4位「その他」 3%

 

回答内容を一部抜粋します。

〇加賀友禅
・染を活かすところが素敵。(71歳)
・デザインが今どきでオシャレ。(58歳)
・新しいものと古いもののコントラストが良い。(86歳)
・デッサンと染が魅力的。(68歳)
・花の活かし方が絶妙。(61歳)

 

〇京友禅
・模様が上品できれいだから。(54歳)
・ゴージャスな感じが好き。(51歳)
・図柄や色彩がすてき。(61歳)

 

〇東京友禅
理由記載なし。

 

〇その他
・若いころは京友禅も、最近は東京友禅も好き。(80歳)

Q2.友禅染のきものや帯を持っていますか?

○「はい」の回答が69%、「いいえ」の回答が31%でした。
「はい」の回答者の持っている種類と枚数については下記となります。

 

①訪問着を持っている人は、「はい」の回答者の中の76%でした。その中で枚数毎の割合は下記でした。
1枚持っている・・・53%
2枚以上5枚未満持っている・・・37%
5枚以上持っている・・・10%

 

②留袖を持っている人は、「はい」の回答者の中の36%でした。その中で枚数毎の割合は下記でした。
1枚持っている・・・80%
2枚以上5枚未満持っている・・・20%
5枚以上持っている・・・0%

 

③その他を持っている人は、「はい」の回答者の中の32%でした。その中で枚数毎の割合は下記でした。
1枚持っている・・・55%
2枚以上5枚未満持っている・・・45%
5枚以上持っている・・・0%

 

次に欲しいものの割合は下図となりました。

※未回答者が多々ありました。
○一番回答者が多かったのは「加賀友禅」でした。36%の人が回答しています。

 

以下回答順に記載します。
1位「加賀友禅」 36%
2位「京友禅」 33%
3位「東京友禅」 8%
4位「その他」 6%

 

その他には花織が欲しいという回答がありました。

Q3.友禅染のイメージや、魅力について教えてください。(複数回答可)

○一番回答者が多かったのは「上品」でした。全体の72%の人が回答しています。

 

以下回答順に記載します。
1位 「上品 」72%
2位「芸術品」53%
3位 「好き」47%
3位 「豪華」47%
5位「エレガント」42%
6位「高価」36%
7位「上等」25%
8位「派手」11%
9位「可憐」8%
9位 その他」8%
11位「嫌い」0%

 

その他の回答内容を抜粋します。
・あこがれ。(66歳)
・彩り豊かで自然な感じ。(74歳)

今月号の読者の声

9月号の特集は「特集 友禅三都ものがたり」でした。

 

三都それぞれに特徴がある友禅をご紹介いたしましたが、とりわけ「加賀友禅」を好まれる読者は全体の7割を超え、多くの支持を得ていることがわかりました。「加賀友禅」の特徴でもある絵画のように繊細で写実的な図柄の美しさに魅力を感じる方々が多かったようです。

 

また、「教えて安田先生 きもの塾」にもたくさんのご意見が届きました。

 

◆読者の声をご紹介します。

 

◇「特集 友禅三都ものがたり」
・作っている人に尊敬の極み。若い人にもっと知ってほしい。(67歳)
・朝顔の訪問着がまるで絵画のよう。現代美術に目が留まる。(58歳)
・さまざまな友禅があることを初めて知った。自分の好みを感じることができた。(61歳)
・友禅を眺めているだけで、ため息が出る。(80歳)
・友禅それぞれに趣がありすてきだと感じた。(61歳)

 

◇「きもの塾」
・いつも参考にしています。(63歳)
・着付けとか色の使い方が気になって勉強になります。(66歳)
・帯が短くなったものはどのように締めたらよいでしょうか?(70歳)
・なるべくシワにならないようにしていますが・・・参考になりました。(61歳)

 

◇「ティーをトゥギャザーしませんか」
・人生は1度だけ。明るい心を持ちながら生きることが大切。(63歳)
・自分もお茶が好きです。(61歳)

 

◇「その他」
・「信州里山の花暦」はっと心がなごみいやされた。(54歳)
・出かける機会が減って残念。またきものを着て出かけたい。(62歳)

読者の希望するプレゼント

9月号の読者プレゼントは「野々花染工房 草木染布マスク」が一番人気で、78%の人が希望しています。次いで「Doing now aiナチュラルハンドバーム、ポイントバーム」が19%、「第42回 伝統加賀友禅工芸展 入場券」が3%でした。

Next Webolution|PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら