Next Webolution|Next Webolution|PR現代

月刊『花saku』和のマーケティング情報 二十四節気&生活者アンケート

和の生活アンケートVol.7「子どものきもの」について

花saku 2019.01.01
和の生活マガジン『花saku』(2018年9月号)に寄せられたアンケートをまとめました。
回答者データ
【年代】
■10代:2% 20代:3% 30代:3% 40代:4% 50代:31% 60代:44% 70代以上:13%
【居住地域】
■北海道・東北:29% 関東:6% 中部:10% 関西:17% 中国・四国・九州:38%
【調査期間】
■2018年9月~10月

Q1. どんなときにお子さんやお孫さんにきものを着せましたか?(または着せたいですか?)(複数回答)

和の生活アンケートVol.7「子どものきもの」について

通過儀礼でのきもの着用率高し
夏のゆかた着用も当たり前に

 

成人式、七五三など通過儀礼でのきもの着用の高さは当然ですが、夏のゆかたや卒業式の袴も一般的となりました。「お正月」という回答も4割以上あり、普段からきものを着ている親御さんにとっては「お正月に親子できものを」と思っている方も多いようです。初詣でや年始回りのための親子コーディネートの提案をすると、お客さまに喜んでいただけるのではないでしょうか?

通過儀礼できものを着せる場合は、購入・レンタルのどちらが良いですか? その理由も教えてください。(単数回答)

和の生活アンケートVol.7「子どものきもの」について

購入派は「思い出に残しておきたいから」
レンタル派は「保管が難しい」

 

購入派の回答をみていくと「一生の思い出になるから」「ぴったりしたサイズのものを着せたい」という意見が多くみられました。一方、レンタル派の意見はそのほとんどが「保管やお手入れが大変」というものでした。それぞれの回答を選んだ理由を下記に紹介いたします。

 

◇「購入」を選んだ人の理由(回答者平均年齢62歳)

選んだ人の理由<キーワード:思い出・ぴったりサイズ・いつでも>

・思い出のために残しておきたい(65歳)
・いつまでもタンスにあると思い出せるから(78歳)
・人生の節目の祝いとして、4人それぞれの好みで振袖を購入(65歳)
・思い出になるから(55歳)
・一生に一度なので(58歳)
・サイズの合うものが身体に合うから(62歳)
・きものとの出会いなので、家族のように大切にしたい(81歳)
・体にぴったりしなやかに着れるから(76歳)
・レンタルはしたことがないので(33歳)
・思い出を残せるから(82歳)
・一生大切にして孫にも着せたいから(54歳)
・いつでも着れるから(56歳)
・レンタルだと残すことができないが、購入だと姉妹でも知人や知人の子どもと、誰でもいつでも何回でも着れて残せるから(65歳)
・きものを大切に思う心ときものの良さを伝えたいから(65歳)
・何度か着る事で、ぴったり着こなせるようになると思う(55歳)
・思い出の品として残したいから(68歳)
・選び方次第で、長く着用できることがわかったので(58歳)
・所有していれば通過儀礼以外で着る事ができるから(69歳)
・安くても自分のものにして大切にしてほしいから(63歳)
・体に合ったものを着せたいので(40歳)
・大事にしてほしいから(63歳)

 

◇「レンタル」を選んだ人の理由(回答者平均年齢52歳)

選んだ人の理由<キーワード:保管・購入は高価>

・その時々で、好きなきものを着せられる。手入保管の手間が省ける(64歳)
・家のタンスでは保管が難しい(52歳)
・高価なので、購入できないから(54歳)
・お手入れ、保管の心配がないこと(54歳)
・購入すると記念にはなるが、保存にお金がかかるから(20歳)
・購入するのは高いから(17歳)

◇「受け継ぐ」という人の理由(回答者平均年齢62歳)
選んだ人の理由<キーワード:娘に購入したものを孫に・代々のきもの>
・孫娘のお宮参りに、私の母が娘のために作ってくれたきものを着せましたが、これがなければレンタルか購入か迷ったと思う(70歳)
・親譲りのきものをリフォーム。思い入れの深いもので、感動できるから(69歳)
・代々受け継いだきものを着せているから(59歳)
・どちらでもいい。きものが楽しめればいいと思うから(58歳)
・姑から贈られた娘(母)の着たものを孫にも。心の入り方が違うから(64歳)
・娘のために買ったきものを、孫に引き継ぎたい(63歳)
・孫の七五三は娘が着たきものを着せた。ずっと大切に着てもらいたい(61歳)

 

◇「購入もレンタルも」という人の理由(回答者平均年齢55歳)

選んだ人の理由<キーワード:その通過儀礼によって・男女差>

・成人式は購入、お宮参りは購入、七五三は半々(59歳)
・振袖は購入したが、袴はレンタルしたい(20歳)
・成人式は購入、大学卒業式はレンタル(54歳)
・おさがり。50年前に10歳だった私のゆかたを娘が着て、そして孫も(63歳)
・そのときによって。急な時はレンタル、日にちがある時は購入(63歳)
・男の子と女の子では違う。後で着る機会のある女の子には、購入する(72歳)

Next Webolution|PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら