Next Webolution|Next Webolution|PR現代

実践実例レポート 次世代のお客さまづくり

きものレンタルショップ「ひびのき」オープン! “ふだん着きもの”を楽しむ店

「ゆうあい着物工房」(宮崎県)

呉服店 2020.03.30

「ゆうあい着物工房」(宮崎県、谷山愛子代表)は3月29日(日)、姉妹店として「きものレンタル&和小物・和雑貨」ショップ「ひびのき」をオープンしました。「もっと気軽に“ふだん着きもの”始めませんか」をコンセプトに同工房の隣に店を構えました。

 

「もっと気軽にきものを楽しんでほしい」とレンタルショップをオープン

 

 

着姿の美しさにこだわる

谷山代表は、長年きもの学院の着付け講師として着付け指導に携わってきましたが、1人で簡単に楽に着られる着物の仕立て方を考案し、1978年(昭和53)、「糸遊愛きもの工房」を設立。その後、96年(平成8)「ゆうあいきもの工房」に変更しました。

 

「きものの美しさはその着姿にある」と言う谷山代表は、体型にジャストフィットに仕上げる和裁がポイント。それは「見た目の美しさだけではなく、窮屈な着物のイメージを覆すものです。また、大切な反物を裁断することなく『ゆうあい着物』オリジナル型紙を使用することで従来のお仕立て同様な仕上がりになる」としています。

 

その独自の技法で製作する「ゆうあい着物」は、身長から割り出した「おはしょり」と小物を一切使用しない点、半じゅばんを使うことなど、洋服の上に着ても違和感のない着方といえます。現在、お客さま1人ひとりの体型に合わせ簡単に着付けが出来る「ゆうあい着物」を全国の呉服小売店向けにアピールしていますが、従来の手縫い仕立ての「ゆうあい」とミシン仕立ての「ゆうあい花(はな)・ゆうあい歌(うた)」も展開。「ゆうあい花」はオールミシンの仕立て、「ゆうあい歌」はミシンと手縫いを併用した仕立てとなっています。「簡単に着られるので3分で着付けが出来ます。呉服を扱っておられる小売店様に是非ご覧いただきたいと思います」。

 

きものを気軽に楽しんでほしい

このほどオープンしたきものレンタル&和小物・和雑貨の店「ひびきの」は、「きものをもっと気軽に楽しんでほしい」というコンセプトでオープンしました。

 

和小物・和雑貨コーナー

 

ショップでは、きものレンタル(カジュアルプランは1日3000円から<きもの+帯>)、カジュアル着物と和小物・和雑貨の販売を行っていく。所在地は、宮崎県国富町4843-1 メゾンド奈緒。電話090-1199-5551。

(文・西本俊三)

 

ショップ正面入り口

 

 

 

Next Webolution|PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら