Next Webolution|Next Webolution|PR現代

さぁ、ウェボリューションへ! 顧客創造の突破口

「銀座もとじ」泉二弘明社長の顧客創造魂!(「きものの未来塾」特別講演会 )

2019.11.27

こんにちは、しもじんこと、PR現代 の下島です。

先週の月曜日、11月18日、「(一社)きものの未来協議会」(中野光太郎会長)主催による「きものの未来塾 3周年特別講習」(高橋和江塾長)が、東京・人形町センタービルで開催されました。

 

当日は、(株)丸上の上達功社長の司会進行により、「銀座もとじ」社長、泉二弘明(もとじ こうめい)氏による「新しい時代の新しい着物店を目指して」の特別講演会が行われました。

 

同協議会の中野会長からお声かけいただき私も参加させていただきました。今回はわたしのブログ(しもじんのストアブランドマーケティングでも紹介し、たいへん反響の大きかった泉二社長の講演語録を紹介したいと思います。

 

講演する泉二弘明社長

「銀座もとじ」は、男のきもの、織のきもの、大島紬専門店の3店舗を経営。コンセプトは木・石・紙だそうです。

 

泉二社長の講演は、かつて15年ほど前、弊社「夏季セミナー」でご登壇いただいたときから2回目にお話しでした。以来、ますます精力的に活動されてきたその経営談、体験談はストアブランドマーケティングの本質をつくものでした。

 

「恩師のことば『反省しても後悔するな』」

箱根駅伝を目指して大学へ。しかし怪我をして断念。しかし挫折はするな。反省は大事だが後悔して立ち止まることはするな、が恩師の教え。

 

「一度きりの人生。一国一城の主になりたい」

スポーツで極められなかった世界をきものの世界で。奄美から上京する際、親父が持たせてくれた大島紬を羽織り体に電気が走る! やるなら銀座。独立するなら30歳。きもの用語辞典を片手に1日往復2時間、毎日勉強をした。

 

「感謝をかたちにすることが感謝!」

医師会で得た経験を活かし、お客さまカルテ(きものカルテ)を作成。お客さまのお宅のきものをすべて写真を撮りお客さまの箪笥へ。また自分自身のカルテへ。40年前のお客様の商品の写真すべてとってある。

 

「お客さまの不平不満を解決しよう!目に見えるかたちで」

29歳。独立まであと1年。独立資金がない。1年で300万円貯めようと決意! そのとき仕事にしたのがちり紙交換。その当時だれもしてなかった量りを使った誠実な対応が共感を呼んだ。「あなたはまじめだから紹介するね!」認められるから、この人を裏切ってはいけないと心に誓った。

 

「業界の常識は一般の非常識」

雨の日は休み。それが業界の常識だった。誰かが決めたものではない。しかし雨の日は晴れの日よりも在宅率は高いので稼げる。1.5倍稼げる。特にマンション、団地に行った。「業界の常識は一般の非常識」を学んだ。

 

「自分の敵は自分」

30歳、ついに!机一つ。電話1本。銀座で独立。ピンポン、ピンポン、電話を鳴らす。訪問販売。「がんばってね」というお客さまの声が嬉しかった。天井に「目標1億円」、トイレに「なせばなる」、鏡に「やったるで!」そうしないと自分に負けてしまう。

 

「本当に正しく反省する。そうすると見えてくるものがある」

若い頃、お客さまへのご納品&着付けの日にちを間違えるという失敗経験から深く反省。そののち、そのお客さまは多くのお客さまをご紹介までしてくださった。反省、感謝、約束を守ることの重大さを学ぶ。「どんな小さな約束も守る」は、銀座もとじの経営理念。

 

「お客様の立場に立って考える」

2000年、専門特化した織のきもの専門店を出す。見えない価格は不安。

仕立てあがり価格を『きものサロン』に掲載。業界から大反発をくらった。しかしお客さまは指示してくれた。判定を下したのはお客さまだった。

 

「日本人の半分は男性、無限大の市場に挑戦する」

2002に男のきものをオープン。日本の人口の半分は男性。6000万人の中の600人に買っていただけたら……。「業界初!」ならメディアがくる。業界初の仮縫いサービスを強みに。男はシャイ。男性専門なら自分たちの館として利用してくれるはずだ。五郎丸選手 清宮監督を年賀状のモデルに。着物は自己表現の最大の武器。名刺がわり。ビジネスの場にも。

 

「作り手が輝くことで後継者が育つ、感謝の気持ちを『地域へ』」

自分たちは伝える職人にならなければならない。職人の生き様をお客さまに伝える。「プラチナボーイ」(純国産オスだけの繭から紡がれる新蚕品種生糸)の成功は、不景気だから。景気がよければ面倒なことに人は興味を抱かない。銀座泰明小学校での課外授業に協力。柳(柳染)をテーマにハンカチを染める体験を届けている。「1枚は自分に。1枚は大切な人にあげなさい」。

 

「なりたい人間になる!そのためにできるだけ具体的に落とし込む」

成長するかどうかは素直なこころ。大人になると「でもね」と言い訳が先に出てくる。実現できるかどうかではなく、まず、そうありたい、自分はこうしようという強い願望をもつことである! 信念をもって熱くなり続けること。人に能力の差はない。

 

泉二社長は1949年生まれの70歳。後継者へのバトンタッチはすでにリレーゾーンに入っていると言います。若い世代に伝えたいことは「いまやってみなはれ!」。自分の目で見て、触って、個人の感じたことを自分の言葉で伝えることが大切。そして「産地を歩くことです」とおっしゃっていました。

 

その凄まじい創業者精神、人への優しさと自分への厳しさを併せ持つ人間力を身近に感じることができた、たいへんすばらしい講演会でした。

 

ますますのご健勝を念じて懇親会を終了し「きものの未来塾 3周年特別講習」は閉会となりました。

 

「きものの未来塾 3周年特別講習」参加メンバーでの記念ショット

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新たなビジョンを掲げ日本の専門店は再生する!

『ザ・ネクストショップ』好評発売中です。

発行 セルバ出版/B6版 152ページ 定価 本体1,500円(税別)

詳細は、下記よりご覧いただけます。

https://pr-g.jp/news/190711-2/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

Next Webolution|PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら