Next Webolution|Next Webolution|PR現代

さぁ、ウェボリューションへ! 顧客創造の突破口

WEB運用者は、売り上げがあがる!

2020.02.26

皆さまこんにちは、PR現代の三澤です。

 

実は今コンサルティング先の

実践報告として、どんどん結果が生まれています。

 

 

それはどんな結果だと思いますか?

 

結果が出ているパターンは多数ありますが、

今回ご紹介する事例は

これから本格的にWEB運用を考えている経営者の方に

ぜひお読みいただきたい事例です。

 

 

それは、WEB運用を担当した社員の年間売り上げが

あがったという事例です。

 

 

これは、店舗や業種を問わず

多くの店が結果を残している事実です。

 

 

もちろん、

社員数がいて、WEB専門の担当者がいて、

日々作業できるというような店ではなく、

店舗数も10店舗以内で、スタッフ自らが当番制で運用してきた店の結果です。

 

 

WEB運用の担当者は

現場の接客もするし、サイトの更新作業も行っていました。

もちろん、現場の集客も行っています。

 

 

最初の頃は、

パソコンやタブレットをもって店内で作業することも多く、

周りの目が気になりながら作業をしていたに違いありません。

 

がんばった社員ほど数字を伸ばしているという事実

 

がんばった社員ほど、実績を伸ばしています。

これについての検証は、仮設のもと、

我々も店の経営者と論議を交わしながら

信じていただいた上で実践してきました。

そんな経緯もあり、我が事のように大変嬉しく思っております。

 

 

では、なぜ

WEB運用への時間が他の社員よりも取られるのに

販売実績が増えるのでしょうか?

 

接客がうまくなり、結果数字があがる!

 

効果とすると、

ウェブの運用担当をすることで接客がうまくなったのです。

 

どううまくなるかというと、

お客様への提案や説明が大変わかりやすくなります。

 

ユーザーの視点で文章を書いているため、

ユーザーの気持ちがよりわかるようになってくるのです。

 

 

そして、日々ブログやコンテンツを更新している時に

自分の頭の中で一度整理してまとめているため、

接客のシュミレーション、事前練習になっているのです。

 

 

同じように、

現場で動画を活用してお客さまに案内を行っている店のスタッフも

動画で説明する機会が増えることで接客がうまくなります。

 

販売実績があがり、どんどん接客がうまくなります。

 

 

これからは新人教育プログラムに入れた方がよい

 

今、ジュエリーショップもきものショップも

高額品を取り扱う店にとって、

若手が育つ環境ができにくくなっています。

 

以前のように日々の接客人数も多くないため、場数を踏んで

経験を重ねるということができなくなってきています。

 

ある店では販売の前に、

地金の買取や下取りの役割を与えて、

お客さまと会話から接客を学ぶ機会をつくったり、

ある店では、修理の受け取り対応(失敗するとクレームになるので注意が必要)を

ペア接客で経験する機会を与えたりしています。

 

一方、WEB運用を通して、商品知識を学ぶ、

お客さまへのプレゼンテーションとして記事や文章を書くことを学ぶ。

 

こんなことが新人や若手教育の一貫になると思っています。

 

そして、

今の若い人は、のみこみが早い!

 

そして文章を書くことに慣れている!

 

だから、初回のレクチャーをすれば、

80%の人が正しい思考で正しい方法を学び成長することができるようになります。

 

 

みなさんは、この事実、どう感じますか?

 

 

Next Webolution|PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら