Next Webolution|Next Webolution|PR現代

さぁ、ウェボリューションへ! 顧客創造の突破口

「ヨット理論と現状打破」そして今、各店は何をしている?

2020.04.22

皆さまこんにちは、PR現代の三澤です。

 

今は、コロナの影響で世界の様々なことが逆境にさらされ、

そして逆風が吹き荒れている状況です。

 

そんなときには、わたしはいつもヨット理論を思い出します。

この話は、ネットビジネスを学んでいた方から

教えていただきました。

 

ヨット理論と自分のビジネスをどうリンクさせるか

 

ヨットは自分に対して正面の風

(いわゆる向かい風であり、今でいうところの逆風)が吹いていても、

前進することができるという原理です。

 

詳しい説明は割愛しますが、

向かい風に対して、ヨットの帆を斜めに傾けて膨らませると

揚力が生じて、斜め前に進めるという原理です。

 

結果として、

向かい風、逆風を受けながら、右斜め前にすすみ、次に左斜め前に進む。

このようにジグザグに進みながら前に進んでいけます。

 

現在のような、国難、逆境、逆風を正面から受け止めると

何もできない、どうしたらいいんだと

後ろ向きな考えになってしまうかもしれませんが、

視点を変えてちょっと遠回りになるかもしれないけれども

前に進んでいかねばならないと思っています。

 

今、宝飾店は何をしようとしているのか? 何をやると決めたのか?

 

私はテレワークで、

日々、お客様と電話、LINE、メール、zoomで

会議などを中心に行っています。

 

詳しくは掲載できませんが、多くの小売店さまとの話で
やると決めてはじめたことをここでシェアします。

 

 

あるお店とは、

心が躍る、ウキウキする動画をつくろうということになりました。

心に癒しを与えつつ、店の自慢の商品をビジュアル化して

世の人にウキウキ、ドキドキ、そして癒しを届けようとしました。

またコロナが収束することを見込んでのさまざまな準備を行っています。

 

 

あるお店とは、

自店の商品の撮影を行おうということになりました。

店に来れなくても、商品を見たい人はいます。

そのような方に説明を付け加えて情報発信をすることになりました。

このことは、その素材がそのままネット通販へつながる作業となります。

 

 

ある店とは、この時期にB to Bのビジネス構築をしようということになりました。

宝石ではないですが、ご縁のある商品を使って

県内の企業にファックスDMを用いて販売を開始しました。

これが予想以上に売れてしまったため、

在庫が品薄になり発送が遅れてしまうという現象も起こったほどです。

 

 

ある店とは、

サイトに投稿する記事(ブログ記事)を

50本準備しようということになりました。

 

店舗が休業になってしまい、スタッフを休日扱いにするところもありますが、

この時期に将来のための準備をというところも少なくありません。

 

ですから、今年一年分のブログ記事

(ここでいうブログ記事は、イベントの告知ではなく、ユーザーが欲しがっている、望んでいる情報に関するコンテンツ記事という意味)

を書こうと張り切っているところもあります。

 

 

あるお店とは、

この機会にWEB戦略に必要なSNSのレクチャーを

オンラインで行いました。

 

今まで積極的には行っていなかった店でも、

これだけ来客が少ない中、将来を考えた時にWEB戦略、

仕組みの構築が必須と感じていただいたようです。

レクチャーの翌日から実践できるような流れになりました。

 

 

あるお店とは、

zoomを使って会議、打ち合わせを行なっています。

毎月、定期的にお伺いしているのですが、

この状況で店に伺うことができませんので、

オンラインで会議やミーティンを行っています。

 

オンラインミーティングのメリットを書いた記事はこちらをご参考ください。
https://next-webolution.com/webolution/1795/

 

 

あるお店とは、

過去撮り溜めているリフォームや修理の写真について、

記入シートに書きためていただいてます。

 

記入シートとは、接客の際に会話したこと、質問したことなどを

ストーリー仕立てに記入していくシートです。

これを使えば、そのままサイトやブログに掲載することで

将来の見込み客をネットを通じて発見することが可能となります。

 

 

あるお店とは、

お客さまにとって役立つ行動についてミーティングを行い、

出た意見をどう行動するかの5W2Hを決めました。

こういう時のスタッフの意見や発言ってとてもよいですし、

経営者側には気がつかない発見があったりします。

 

 

あるお店とは、

通販で販売していい商品とそうでない商品、

リピートがきく商品とそうでない商品の仕分けリストを作り始めました。

 

小さいことですが、通販を始める、または強化するという店が

相当増えると思います。

同時に、D to C(ダイレクト to カスタマー)もより増えてくると思います。

製造メーカーが直接消費者に販売するということです。

実際、そのような相談も多くなっています。

 

 

掲載したのは、ほんの一例ですが、

各店の状況によって課題も、やるべきことも違います。

 

 

電話やLINEなどでの相談ごとも、

他の店はどうしてるの?

という内容が一番多いので、

さわりだけですがシェアさせていただきました。

 

 

追伸

5/13(水)の午後に、緊急セミナー「いま宝飾専門店経営者がすべきこと!」

というテーマで、宝飾店経営者や幹部の方を対象に

オンラインセミナーを開催することが決定しました。

 

当社が主宰する小売業のマーケティング実践研究会

「JMG」(ジュエラーズ・マインドグループ)のメンバーは

無料で参加できます。

 

もし、ご興味のある宝飾店の経営者様、

幹部スタッフ様はこちらからお申し込みください。https://prg.base.shop/items/28234775

 

お申し込み後に、

オンラインセミナーのURLを参加パスワードを発行いたします。

 

こういう時こそ、私たちの役割は大きいと、その責任をひしひしと感じます。

新型肺炎の感染予防によりいっそう留意し、

皆さまの営業活動をご支援しお役に立てるよう努めてまいります。

 

◆PR現代では専門店のデジタルシフト(情報インフラ強化)を推進しています。
○ホームページの制作、運用サポート https://pr-g.jp/website/planning
○ウェブコンサルティング https://pr-g.jp/consulting/webconsulting
○ご相談・お問い合わせ https://pr-g.jp/contact

 

 

 

Next Webolution|PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら