Next Webolution|Next Webolution|PR現代

さぁ、ウェボリューションへ! 顧客創造の突破口

コツコツやって成果を出そう

2018.12.26

こんにちは。PR現代の大下直子です。
2018年も残すところ1週間を切りました。皆さまにとりまして、今年はどんな一年だったでしょうか?

年々、月日の過ぎるのが早くなると言いますが、本当に今年はめまぐるしく、日々があっという間に過ぎていきました。個人的には出張が倍増して肉体的な衰えをダイレクトに感じた年でもありました。

 

実は、本日(これから)人間ドックなんです。忙しくて先延ばし、先延ばしにしているうちにこんな年末になってしまいました。酒量は増え、睡眠時間は激減し、疲労がピークに達しているのにまだゴールが見えないという日の検査。

 

 

 

 

 

まぁ、これで異常なしだったら恐れるものは何もありませんから、以前流行したアナユキではありませんが、「ありの〜ままの〜姿診せるのよ〜」とばかりに、行って参ります。

 

 

さて、先延ばし先延ばしといえば、やっぱりブログの更新でしょうか。中には得意な方もいらっしゃいますが、仕事の事情によってはパソコンに向かって文章を書くというのは、なかなか難易度の高いものです。

前回の私のお当番の時(11月21日)に、「2000文字書くのに何分かかりますか?」というタイトルで、文章を書くこつというかポイントについて少しだけお話しをしました。

 

WEBで成果を出すためのライティング・メソッドの流れです。そこで、「なにを書くかが決まっていない(あるいは、決められない)場合は、パソコンの前に座っていても書けない」というお話しをしました。

 

そこで、ブログを更新するためには「テーマを決める」のが良いのだ書いたのですが、今回はお約束通り、そのテーマの決め方について考えていきたいと思います

私のブログを読んでか読まずか? 1週前の12月19日(水)の当番だった担当者が先行して私の前回の予告の答えを半分以上書いてしまっているので、下原稿をそのままアップすることができなくなり困惑と書き直しの一週間でした。

社内で、当番制になっている場合は何を書くか? あらかじめ、そのテーマを共有しておくと、今回の私のような恐怖と二度手間を味わうことなく、コツコツと書いてきたものがアップできなくなるという悲劇は起こらないでしょう。

さて、話しを元に戻して「テーマの決め方」です。

まぁ、簡単にいえば「何を書くか」「何について書くか」なのですが、基本的には好きなことや得意なことについて書くほうが面白いですね。嫌いなことや苦手なことを書くのは容易なことではありません。

会社(店)からテーマを決められて指示を受けている場合と、そのテーマを話し合って決めるお店とあるでしょうから、個人のブログではないので勝手に書くわけにはいかないのですが……

まずは、何について書くのか、どういう頻度で書くのか? を皆で決めてみませんか?

毎日書くと決めたお店なら、曜日によってテーマをあらかじめ決めてしまえば良いでしょう。

月曜日 人生の通過儀礼ときものについて

火曜日 着付け教室のさまざまなエピソード

水曜日 振袖ご購入後のご家族のエピソード

木曜日 着物の歴史や文様の謂われについて

金曜日 着心地や着付けについて(下着などについても)
土曜日 着物で行きたい地元のお店や名所などの紹介
日曜日 TPOやマナー、コーディネートについて

といった具合です。ジュエリーのお店であれば?

月曜日 人生の通過儀礼とジュエリーについて

火曜日 ダイヤモンドについて

水曜日 真珠について

木曜日 ジュエリーの歴史や物語について

金曜日 色石の魅力について
土曜日 最近流行のファッションとジュエリーについて

日曜日 TPOやマナー、コーディネートについて

という感じでしょうか?

もちろん、週に一度更新をする、週に2度更新をするというお店ならば、テーマをもっと絞っていけば良いのです。これは、あくまでも、ほんの一例ですので、電池交換とか、お手入れとか、自社の得意なことでテーマを決めることができたら良いのではないでしょうか?

記事は、積み重なっていけばものすごいパワーになります。一度書いてアクセスが多かった、少なかった、来店があった、なかったと一喜一憂せずに、少し長いスパンで、コツコツと続けたことの成果が出てくれば良いのです。

そう、必ずコツコツと続けていれば成果に繋がります。必ず。
コツコツやって出た成果というのは本当にうれしいものですよね。そして、自信に繋がります。自信を持ってまたコツコツと続けているとやがれ確信に変わる日がやってきます。確信を持って運営されているWebサイトは強い!!!!!

強いサイトを目指したいものです。

その上で、どう書くのか? 書き始めるのか?

その1,時事ネタをもってくる

今、話題になっていること(政治や宗教を除く)について、書いてみる。多くの人が興味、関心を持っていること、話題になっていることなどを切り口にして、伝えたいコトに話しを持っていってみるというのはどうでしょう?


フィギアスケートの季節がやってきました。女子は坂本花織選手の演技が圧巻でした。1位から3位までの得点は僅差で、たった1つのジャンプのミスが順位を左右するという目の離せない展開でしたね。しかし飛び上がってクルクルと3回転もするというのはすごいことですね。見ているとついつい力が入ってしまい、どの選手であっても無事に着氷するとホッとします。
ところで、クルクルといえば振袖の帯! 皆さまはどれくらいクルクル巻いてあるかご存じですか?

というような、今週話題になっている明るいニュースや関心の高いニュースを皮切りにブログを書き始め、そこから自分たちの書くべき内容へと話しを持っていくというテクニックはいかがでしょうか?

2,アクセスキーワードから「キーワード」を見つけて書き始める
自社のサイトの分析をするのはとても大事なことで、ウェブ戦略上「現状を知る」ということは絶対に欠かせないことです。特に、ブログの更新、サイトの更新をする場合には、「キーワード」がとても大切になってきます。自分たちが伝えたいセールのこと、催事のこと、入荷商品のことは、なんたって猛烈に伝えたいわけですが、ちょっと我慢!

まずは、自社のサイトに辿り着いた皆さまが、どういうキーワードで辿り着いているのか? 中には自社の主力商品でないばかりか、取り扱いすらしていない商品のキーワードで辿り着いているというケースもあります。

たいていの場合、「意外過ぎるキーワード」がいくつか必ず上位にあるはずです。
「なんでこのキーワードでうちに?」とよく聞かれますが、そんなことはどうでもよくて、とにかくそのキーワードで辿り着いているのですからそのキーワードにニーズがあるという事実。その事実に従って書いてみる。

例  黒留袖(主力じゃないのに強いキーワードが黒留袖だった場合

黒留袖は、黒紋付(喪服)と並んで、小紋、訪問着などと比べると大変着用頻度の低い衣装です。お茶をなさっている方は、色無地や江戸小紋が多いでしょうし、紬や御召で旅行をするのが大好きというかたもいれば、パーティーやイベントが多いので訪問着が欠かせないという着物ライフの人もいらっしゃるでしょう。それぞれに、それぞれの必要と楽しみ方によって着用するきものは違っていますが〜〜〜

というように、自社のサイトの最も強いキーワードを文章の中に織り交ぜて自分たちの書くべき内容へと話しを持っていくというテクニックもあります。
年末年始は特別番組や特別なイベントも多く、ネタには困りそうもありませんね。

ちなみに、年末年始休暇はネット上に人が増えます。
秋の話題のまま(ましてや夏の?)サイトが年越しをしてしまわぬように、どうか最後の力を振り絞って、年末年始の予約投稿をお願いいたします。

そして新年にはぜひ、夢のある志を立てて、成果を手にしていただけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

今年一年本当にありがとうございました。
来る年が皆さまにとりまして、明るく希望に満ちあふれた佳い年でありますように、心からお祈り申し上げます。

Next Webolution|PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら