Next Webolution|Next Webolution|PR現代

月刊『花saku』和のマーケティング情報 二十四節気&生活者アンケート

和の生活アンケートVOL.25『花saku』2020.4月号「きもので出かけたい場所」「呉服屋さんから届く展示会の案内状で重要なポイント」について

着物花saku 2020.06.01
全国集計結果について
○4月号の回答者の居住地域は、北海道・東北地区が45%、中部地区が20%、中国・四国・九州地区が15%、関西地区が10%、関東地区10%という結果になっています。
○4月号の回答者の年齢は60代が50%、50代が30%、70代以上が15%、40代が5%、30代以下が0%でした。平均年齢61歳で前号より2歳下がっています。

1.特集に登場したモデルさんのコーディネートの中で一番好みのものを教えてください。 

和の生活アンケートVOL.25『花saku』2020.4月号「きもので出かけたい場所」「呉服屋さんから届く展示会の案内状で重要なポイント」について

○一番回答者が多かったのは「P7右から2番目 小林美津子さん」でした。25%の人が回答しています。

2.きもので出かけたい場所、機会はどのように見つけていますか?(複数回答)   

和の生活アンケートVOL.25『花saku』2020.4月号「きもので出かけたい場所」「呉服屋さんから届く展示会の案内状で重要なポイント」について

○一番回答者が多かったのは『花saku』でした。50%の人が回答しており、非常に多い割合でした。

 

その他の回答を一部抜粋します。
・自分で見て決める。(46歳)
・友人との食事や地域のイベント。(59歳)

3.呉服店さんから届く展示会の案内状で重要だと思うポイントを教えてください。

和の生活アンケートVOL.25『花saku』2020.4月号「きもので出かけたい場所」「呉服屋さんから届く展示会の案内状で重要なポイント」について

※複数にて回答があったものも含めています。

○一番回答者が多かったのは「扱う商品の詳細情報(品質、色柄、価格)」でした。55%の人が回答しており、非常に多い割合でした。

◆今月号の読者の声

4月号では、コロナ禍の影響もあり、数は減ったものの、しっかりいくつかの声が届きましたので紹介します。

 

読者の声をいくつか紹介します。

 

◇「きもので楽しむ信州須坂の大人散歩」
・初めて須坂に素敵な美術館があることを知った。ぜひきもので訪れたい。(60歳)
・美術館に行ってみたい。コロナが終わりますように!(72歳)
・田中本家の婚礼衣装、一生に一度もお目にかかれないきもの。素晴らしい。(70歳)
・田中本家の婚礼衣装が素晴らしい!ぜひ見てみたい。(63歳)
・婚礼衣装の打掛の記録には驚きと感動! 見事としかいいようがない。(67歳)

 

◇「日本全国染織探訪 長襦袢」
・裏地の隠れお洒落が素敵。『花Saku』を読むと時間を忘れさせてくれる。(61歳)

 

◇「安田先生きもの塾」
・たんすコンシェルジュと同様に大変役にたつ。友人も共有したい。(59歳)

 

◇その他
・『着物手帳』は身近な存在で大変使い勝手がよいです。(70歳)
・古民芸コレクションは興味深く拝見した。楽しくコーディネートしてみたい。(60歳)
・大和百合子さんとは友人。自分のことのようにうれしく思う。連載が楽しみ。(59歳)

◆読者の希望するプレゼント

和の生活アンケートVOL.25『花saku』2020.4月号「きもので出かけたい場所」「呉服屋さんから届く展示会の案内状で重要なポイント」について

4月号の読者プレゼントは「セーラー万年筆 SHIKIORI-四季織- マーカー」が一番人気で、35%の人が希望しています。次いで「『麁服(あらたえ)と繒服(にぎたえ)』天皇即位の秘儀 践祚大嘗祭と二つの布」が30%、「田中本家博物館 『豪商の館』」が25%でした。

Next Webolution|PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら