Next Webolution|Next Webolution|PR現代

実践実例レポート 次世代のお客さまづくり

趣味のきもの染織近藤「KIMONO倶楽部」“呉服(五福)でHAPPY・お祝いの会” きものプチファッションショー開催

趣味のきもの染織近藤「KIMONO倶楽部」

着用イベント 2022.01.16

「趣味のきもの染織近藤」(岡山市、近藤宏和社長)が事務局として運営する「KIMONO倶楽部」(西川邦子部長)はこのほど、第147例会“呉服(五福)でHAPPY・お祝いの会”をアークホテル岡山で開催しました。(取材・文:西本俊三)

 

舞台で挨拶する近藤典博会長
染織近藤「KIMONO倶楽部」

きものファンづくりを推進

同社は、地域のお客さまに支持される店づくりをモットーにきものを着る機会づくりを提案する「KIMONO倶楽部」をはじめ、「きもの勉強会」、「きもの着方教室」などを通じてファンづくりを積極的に進めています。

「KIMONO倶楽部」は、お客さまから「岡山はお茶、お花などの伝統文化が盛んできものを愛用される方も多いけれど、きものを着て行く良いところがあまりないので、きものを着て行く場をつくって欲しい」と頼まれたのをきっかけに始めました。お客様が自主的に会を企画し、同社は事務局として運営に携わっています。毎年、新年会、春の花見、夏のゆかた会、バス旅行、きもので観劇などを実施しています。

 

ホテル内の神社でお祝い
染織近藤

 

嬉しいこと良いことをお祝い!

毎年1月に開催している恒例の“呉服(五福)でHAPPY・お祝いの会”は、それぞれの家族に嬉しいこと、良いことがあった方々をお祝いしようと企画。ホテルに神社を設営し、お参りをした後、七五三、入卒、十三参り、成人式、還暦、古希、喜寿、銀婚式、金婚式、叙勲などをお祝いし、お祝い膳を楽しもうというもの。今年は、喜寿、古希、喜寿、傘寿などお客さまそれぞれの喜びごとをお祝いしました。その後、会場を移して、お祝い膳を楽しみながら舞台では参加者のお客さまが日本舞踊、バイオリン演奏、書のパフォーマンスなどを披露するとともに、きものプチファッションショーも行われました。

 

きものプチファッションショー
染織近藤

留袖で日本舞踊を披露したお客さま

染織近藤

 

 

Next Webolution|PR現代

メールマガジン

MAIL MAGAZINE

マーケティング情報や当社からの
お知らせ(無料メールマガジン)をお届けいたします。

お申込みはこちら